特集コラム

Column 4 阿佐ヶ谷グルメ

阿佐ヶ谷グルメ
2011/02/07

石挽き手打ち蕎麦 道心

これぞRockな蕎麦職人

column4007_04.jpg

「どうぞ、いらっしゃいませ!」
弾けるような声に誘われて扉を開けた。控えめに流れるUKロックバンド・Radio Headの音が、蕎麦の香りを運んでくる。
ご主人・清宮 道心(せいみや どうしん)さんは、自慢の石挽き手打ち蕎麦について満面の笑みで話してくれた。気軽に入れるのかな…。失礼ながら筆者の抱いていた思いは、いい意味で裏切られた。

16年の修業を経て2001年に開業。
粗挽きで独特の食感をもつ、道心の蕎麦。毎日石で挽き、「命を吹き込んだ」ものだけを提供する。

column4007_02.jpg

蕎麦は打つものではなく、香りを挽き、織り込むもの。この信念のもとに作ったのがオリジナルの、香織せいろ。日本一の蕎麦職人を目指す清宮さん入魂の一品である。
一番人気のこちらは毎日10食限定の提供だが、事前の相談次第で最大50食まで用意する。

蕎麦の味は麺を作ってから6時間が勝負。
こちらではその時間内のものだけを食べられる。「6時間ルールは譲れない。一口食べれば、こだわる理由を分かってもらえると思う」

食後の余韻を印象深くするのは、濃厚でとろみのある蕎麦湯。ひと味もふた味も違うこちらの蕎麦湯は、残り湯ではなく挽いた蕎麦粉で贅沢に作っている。

column4007_03.jpg

夜になると道心は、琵琶やフォークギターのライブも行う。麦焼酎を贅沢な蕎麦湯で割って、蕎麦をつまみながら生演奏に身を委ねるのもおすすめだ。
効率的な営業よりも、理想の蕎麦作りを優先する。楽なことばかりではないけれど、あるお客様からの一言で奮起した。
「蕎麦は苦手だったけど、こんなにおいしいのね」厨房で涙をぬぐった。

column4007_01.jpg

「蕎麦は作った人の人柄が表れる。その日の気分も…。だから、いつも自分を戒めていないと」ストイックで骨太な姿勢はRockそのもの。清宮さんが蕎麦の次に愛するのはUKロックバンド。自身もバンドを組み、キーボードを担当している。いつか店内で「音楽の」腕前も披露するのが夢だとはにかんだ。

石挽き手打ち蕎麦 道心(どうしん)
http://hpgate.jp/doushin/
住所:杉並区阿佐谷南1-15-18 伊藤ビル1F
電話:03-3316-4472または080-3522-7043
営業時間:12:00から14:30 18:00から21:00
日曜は売切れ次第終了
定休日:月曜

※出前は行っていません。
※香織せいろは一日10食限定。
※ライブ出演者募集中 詳細は電話にて。
※ライブ情報は入り口に掲示しています。

文・取材 / 大和千秋
青色申告会

特集コラム

阿佐ヶ谷JAZZ ストリート2015【Dandy Cats Orchestra】

2015/10/30

阿佐ヶ谷JAZZ ストリート2015【Dandy Cats Orchestra】

アマチュアのストリートはもちろん見逃せない 阿佐ヶ谷JAZZストリートはアマチュアの方も沢山参加…

続きを読んでみる

阿佐ヶ谷JAZZ ストリート2015【「スピリチュアルゴスペル」森崎Bella】

2015/10/30

阿佐ヶ谷JAZZ ストリート2015【「スピリチュアルゴスペル」森崎Bella】

阿佐ヶ谷JAZZには色々な出演者が・・・ 阿佐ヶ谷JAZZストリート初心者の私はタイムスケジュー…

続きを読んでみる

阿佐ヶ谷JAZZ ストリート2015【KANKAWA スペシャルカルテット】

2015/10/30

阿佐ヶ谷JAZZ ストリート2015【KANKAWA スペシャルカルテット】

阿佐ヶ谷JAZZストリート初心者 阿佐ヶ谷JAZZ ストリート初心者の私は、前売りチケット購入時…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集